2018年3月31日土曜日

私は!東京のイベントにいけないので!デッキを紹介しておきます!!(怒)

こんにちは!
毎回新弾発売の時にしかブログを書いていない厳島です。

新弾が発売して1日経ちますが、みんな東京のイベントに行くためかデッキを公開してないですね。。
かなしいです。

なので!明日の大会に使えそうなデッキ(会場ナンバーワンの方)を紹介しておきます。

ちなみに、三国志限定大会は天啓が勝と思います。
だって呉以外止めれないので。。
予想を裏切って魏が勝つことに期待して、明日は仕事しています。はい。

では!デッキ紹介です。



    
カードナンバー カード名枚数
BTL2-071 孫尚香
9-043 周姫
7-010 竹中半兵衛
9-064 佐々木道誉
9-065 北畠親房
BTL-019 帰蝶
8-079 周瑜
SP1-039 周泰
SP1-041 呂蒙
SP1-042 甘寧
BTL2-079 孫策
9-006 織田信秀
9-047 太史慈
SP1-043 陸遜
9-009 上杉謙信
9-010 獅子吼
SP1-045 二喬の演武
周瑜 4(入れ替え枠)
孫策 2(入れ替え枠)
織田信秀 1(入れ替え枠)
陸遜 2(もう少し枚数とっても良い)

大体弓で構成されたデッキです。
メインの動きは4枚入っている武将を出すことが優先です。
召喚兵はバニラ扱いですので、今回は帰蝶を採用しています。

これがある状態で太史慈を出せば2500点。また半兵衛が生き残っており墓地に織田家がいれば4500点までダメージが伸びます!
また、北畠親房を4T目に出せているのであれば、5Tの動きは「周姫+竹中半兵衛」でも弱くありません。8T目以降獅子吼を2500点のダメージ計略として使えるのもポイントです。
 
勝利プランとしては焼きダメージで、相手の武将を削り部隊数差を生かして城を攻めるシンプルな戦法ですが、北畠親房の除外効果で積極的に二喬の演武を除外して、甘寧につなげることで、除外エリアを使いまわすギミックも内蔵しています。甘寧は弓兵なのでメインの動きを邪魔しません!!
 
並べ合いになれば、二喬の演武の効果で佐々木道誉を回収し相手に強力の戦闘勝利効果や常時効果を封印しながら戦いましょう。
 
蛇足ですが、召喚兵は特殊配備ですので、孫尚香がよく刺さります。オススメです!
 
 
 
国力ブーストして↓コイツを配備されても孫尚香なら守ってくれます。感謝感激
 
 
 
 
【注意しておきたいカード達】
 
強力なバニラシナジーを持った武将には注意です。



 
紅には撤退時効果など、コストを支払わずに召喚兵を出すカードがいてるため、↓

 

 
すぐに疲弊状態を作られてしまいます。攻撃対象にこそ取られませんがダメージは飛んでくるため、すぐに撤退してしまいます。さらに城ゲージも削られてしまうので、注意が必要です。
紅が多いと感じたら、九鬼嘉隆をそっと入れておきましょう。


 
 
あと、↓のような戦闘勝利時効果が厄介な武将は、

 
 
 
 
 
佐々木の出番!





コイツでとめてしまいましょう。
翠と黒相手にはよく刺さります。

では今回はこの辺で!
皆さん
私の分もイベント楽しんできてください!
大阪のイベントは絶対参加したい!!!
おやすみなさい。

厳島 

2018年1月24日水曜日

戦国大戦TCG 時代別 強化パック~三国志~ 雑感

こんにちは!
こんにちは!
まだ、生きてるよ!

最近仕事がヤバくてDCGさえ触る時間が減ってしまいました。。悲しみ。。
厳島です。

さて、時代別 強化パック~三国志~の雑感でも書いていこうと思います。
私のより詳しい内容はおそらく他のブロガーの方々が書いてくれると思うので、当たり前のことをつらつらと紹介しておきますねー
しかも、今日触れたのは黒と蒼なので、あまり皆さんの役には立たなさそうですが…ね、

さて、蒼の目玉かな?


書いてある通り、めちゃ強いです。伏兵で出せば、3000焼きも可能です。
注意としては、倍になるのは武将が与えるダメージなので、布陣カードが与えるダメージではありません。でも、武将が与える「効果」ダメージとも書いていません。

あと、魅力持ってます。あ!魅力ってめっちゃ強いのでぜひ活用できるようにデッキ組みましょう!

魅力の効果的な使い方は黒に学びましょう。


この2枚1ターン目に両方使えるんです。魅力強いですね!
しかも、
自城壁に1攻城ダメージを与えてもよい。またはあなたは手札を1枚捨ててもよい。そうした場合、以下の効果から1つを選び発動し、その後、自分の山札をシャッフルする。“自分の山札の中からコスト4以下の象兵の武将カード2枚までを公開し、それを自分の手札に加える。”
“疲弊状態の象兵の味方武将がいる場合、自分の山札の中から象兵の武将カード2枚までを公開し、それを自分の手札に加える。”
花鬘から使えば、疲弊状態の象を作れるので、すぐに手札を補充できるので、魅力を使った時の問題点、「手札の枯渇」を解消できます。
そして、反撃計略でも捲れれば、そこにあるのは勝利の2文字でしょう。

では、蒼のカードの紹介に戻ります。



この2枚は1回制限ってかいてないです。強いです。





こいつは強いです。たぶん見た目よりも、実際に対面してみると、「グッ」ってなります。強いです。

蒼は魅力って特技を黒ほどうまく使えません。でも、メイン計略は優秀なものがそろっています。罠計略が筆頭ですね。うまく使って、国力を疲弊させさせずにプレイして相手を追い込みましょう。

また、今回黒のデッキと対戦しておもったのは、

 
 



この並びはまさに万里の長城です。
孟獲は武力3500と思った方がいいです。
しかも倒してしまうと、もう一度出てきて、兀の武力が再現なく上がります。攻撃宣言時に、倒すのあまりよくありません。できるだけメインフェイズ中に倒して、もう効果の発動ができないほどまで、行います。吉田郡山などで孟獲に仕事をさせないのが良いです。
また、戦象は未満のダメージをうけません。相手の武力と同等以上の武将で迎撃しましょう。


さて、みんなが知っている情報をだしただけになってしまいました。

眠たい中書いてしまっているので、誤字、脱字があって読みにくくて申し訳ない。